メリット/デメリット

昔は先祖代々のお墓に入るなどある程度どんなスタイルにするか決まっていました。代々受け継がれたものを子世代も受け継ぐというのが当たり前のスタイルになっていたのですが、今は、核家族化や少子高齢化などによって供養のスタイルも変化してきています。特に遠方にお墓があると言う人は、墓じまいをして改葬する人も多くなりました。

そして、今は屋内墓地というものが話題になっています。どんなものか知らない人も多いと思うので紹介します。

まず、屋内墓地のメリットは、都市部の駅から歩ける場所が多い、都市部でも100万円くらいで購入する事が可能、お墓を継ぐ人がいなくなっても追加費用がない、お墓参りをするときに天候に左右されない、室内のため、お墓が汚れる事はなく、掃除の必要がないなどたくさんのメリットがあります。

特に都市部でお墓にお金を掛けることが出来ない人オススメします。
反対にデメリットは、建物自体に耐久性があるため、将来どうなるか分からない、お盆やお彼岸に混雑する可能性がある、彫刻は限られたスペースしか入れられないなどがあり、代々受け継ぐ人がいる場合は外の方が自由度が高いので向いています。

どのようなお墓のスタイルはどちらが良いのかというよりは、自分がどちらに向いているかで決める事が良いです。不景気のためお墓にお金を掛けることが出来ない人も増えてきました。本人がどうしたいか、継いでくれる人がいるのかで決めれば良いです。自分に合うスタイルを見つける事をオススメします。